メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「佐渡市地域限定特例通訳案内士養成講座業務」の受託者を、公募型プロポーザルにより募集します

委託経費は520万円(消費税込)以内、参加申出受付は2016年8月26日まで

2016年8月19日、掲載

観光振興課 3資産プロモーション室 国際観光係(0259-63-5116)

佐渡地域限定の通訳案内士を養成するにあたって、一部業務の委託を予定しています。つきましては、この業務の受託者を公募型プロポーザルにより募集します。

注釈
  • 市内では、個人を中心とする外国人観光客に対応するために、通訳ガイドの養成が急務となっています。有償でガイドをするためには「通訳案内士」(国家資格)の取得が必要ですが、佐渡市は6月に「地域限定特例通訳案内士養成特区」に認定され、市内でガイドする場合に限り、市が国家資格と同等の資格を認定できるようになりました。
名称
佐渡市地域限定特例通訳案内士養成講座業務
事業主体
新潟県佐渡市
選定方式
企画提案書の公募によるプロポーザル方式
履行期間
契約日から2017年3月31日まで
委託料上限
5,200,000円(消費税込)

ご応募の際には必ず実施資料をご覧ください。

実施資料

以下、実施資料を一部抜粋して掲載します。詳しくは上記のPDFファイルを必ずご覧ください。

委託業務の内容

「佐渡市地域限定特例通訳案内士養成特区」内で、地域の特性に応じた通訳案内士(英語)を養成するために、受講生の募集・研修と、口述研修などを実施してください。

  1. 受講生の募集広告、受付事務
  2. 研修スケジュールの作成、講師・会場の手配、受講生への周知
    1. オリエンテーション、コミュニケーション、ホスピタリティ研修
    2. 佐渡の地理・歴史、観光等
    3. 観光客特性
    4. 旅程管理研修
    5. 救急救命
    6. 実務研修
  3. 講座の実施(座学、現場実習)
  4. 効果測定(口述研修)の実施

プロポーザル参加表明

2016年8月22日(月曜日)〜8月26日(金曜日)の間に、「参加意向申出書」(様式1)を持参または郵送で提出してください。

参加資格を確認後、その結果を書面でお知らせします。

提案書の提出と、審査

2016年8月30日(火曜日)〜9月2日(金曜日)の間に、持参または郵送で提出してください。

選定委員会で企画提案内容等を審査し、委託事業者を選定します。

様式

このページの先頭へ

「入札情報(契約検査室以外)(過去の記録一覧)」へ