メニューをスキップしてタイトルへ



国民健康保険 第2期データヘルス計画・第3期 特定健康診査等実施計画(2018年 策定版)

2018年3月策定(計画期間:平成30年度〜平成35年度)

2018年4月3日、掲載

市民福祉部 市民生活課 保険年金係(0259-63-5112)

趣旨・背景

第2期データヘルス計画と第3期 特定健康診査等実施計画は、計画期間が同一であるため、一体的に作成しました。

データヘルス計画

国は、医療費の適正化を目的として「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(平成16年厚生労働省告示第307号、平成26年厚生労働省告示第141号)の一部改正」において「保険者は健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための保健事業の実施計画(データヘルス計画)を策定した上で、保健事業の実施・評価・改善等を行うもの」としています。国保中央会が開発した国保データベース(KDB)システムが整備され、保険者のレセプト情報や健康診断データ、介護保険情報を分析することにより、被保険者の健康課題に対応した保健事業を展開するために本計画を策定しました。

特定健康診査等実施計画

2008年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、各医療保険を運営する保険者は40歳から75歳未満の被保険者に対して、特定健康診査・特定保健指導を実施することとされています。本計画は、第2期 特定健康診査等実施計画の事業評価をふまえ、第3期の実施内容を定めたものです。

概要

計画の期間

平成30年度〜平成35年度

佐渡市の健康課題

  1. 内分泌、栄養、代謝疾患の医療費が高く、糖尿病にかかる医療費も年々増加している。メタボリックシンドローム該当者やHb(ヘモグロビン)A1c5.6%以上の割合も高い。
  2. 循環器系の疾患の医療費が高く、脳血管疾患、心疾患が高い割合を示している。外来でも高血圧症にかかる医療費の割合が高い。

目的と目標

目的
健康寿命の延伸「食習慣と運動習慣を見直そう」
大目標
  • 糖尿病の発症及び重症化予防
  • 高血圧の発症及び重症化予防

PDFダウンロード

目次

上記PDFファイルをダウンロードされる際の参考にしてください。

このページの先頭へ

「国民健康保険データヘルス計画・特定健康診査等実施計画」のトップへ