メニューをスキップしてタイトルへ



第7回 佐渡環境賞(令和元年度:2019年度)受賞者

2020年1月24日、掲載

環境対策課 環境エネルギー係(0259-63-3113)

佐渡環境大賞 : 窪田きさらぎ会

窪田きさらぎ会

窪田〜沢根間の海岸道路が開通した2005年4月から、地域住民と地元企業で花壇の整備を行っています。海岸道路は車の交通量が多いだけではなく、散歩やジョギングなど多くの人が利用しています。道路沿いの花壇の植栽や清掃活動により、多くの方が心地よく利用できるよう活動を続けています。

佐渡環境賞 : 宿根木の森保全の会

宿根木の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていますが、町並みだけでなく周辺の景観や生態系も保全が必要だと考え、2017年9月から岩屋山(岩屋洞窟)周辺の竹林を伐採し、伐採した竹を使って竹垣を設置しています。

竹垣整備の活動は、地域住民だけでなく東京の大学生を巻き込み、学生との交流による地域の活性化を図りながら取り組んでいます。

佐渡環境賞 : 沢崎集落

沢崎海岸は、岩ノリ漁やワカメ漁など地域にとって重要な場所であるだけでなく、国定公園や名勝にも指定されています。2013年に佐渡がジオパークに認定され、沢崎海岸がジオサイトに含まれたことをきっかけに、あらためて沢崎海岸が地域の宝であると認識し、2016年に県道から沢崎海岸へ降りる道の草刈りや海岸清掃を行いました。ジオパークの見学などで訪れる方が利用しやすいように草刈りや清掃活動を続けています。

このページの先頭へ

「佐渡環境賞」のトップへ