メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

住宅用火災警報器は、設置後10年が経過したら交換してください

2016年6月30日、掲載

消防本部 予防課(0259-51-0123)

住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから、6月で10年が経過しました。お宅の住宅用火災警報器は交換時期になっていませんか?

注釈
  • 新築住宅は2006年6月から、既存住宅は2011年6月から義務化。

住宅用火災警報器にも寿命があります。古くなると電子部品の劣化で火災を感知しなくなる恐れがあります。いざと言うときに火災を感知しなくては意味がありません。住宅用火災警報器本体は10年を目安に交換しましょう。

まだ住宅用火災警報器を設置していない場合は、できるだけ早く設置してください。

設置方法やメンテナンスの方法については、下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「新着情報」へ