メニューをスキップしてタイトルへ



飛沫感染防止用シート、消毒用アルコールの取り扱いに注意してください

新型コロナウイルス感染症拡大防止

2020年6月24日、掲載

消防本部 予防課 予防係(0259-51-0123)

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、飛沫感染防止用シートや消毒用アルコールを設置する店舗などが増えていますが、いずれも発火性が高く、火災が発生した例もありますので、次の点に注意してください。

飛沫感染防止用シートの取り扱い

ライターの火がビニール製の飛沫感染防止用シートに着火した火災が発生しています。

  1. 火気を使用する場所には設置しないでください。また、白熱電球など熱源となるものからは十分距離をとって設置してください。
  2. スプリンクラー設備の散水に支障がないように設置してください。また、自動火災報知設備は感知器の未警戒部分を生じないようにしてください。
  3. 避難の妨げになる場所への設置は避けてください。
  4. 必要に応じて難燃性・不燃性シートの使用を検討してください。

消毒用アルコールの取り扱い

消毒用アルコールは蒸発すると可燃性ガスとなり、火源があると引火するおそれがあります。

  1. 火気の近くで使用しないでください。
  2. 直射日光が当たる場所や車内へ放置しないでください。ガスが発生し容器が破裂する可能性があります。

このページの先頭へ

「新着情報」へ