メニューをスキップしてタイトルへ



年末年始の「火の用心」のお願い

2021年1月2日、掲載

消防本部 予防課 予防係(0259-51-0123)

年末年始は何かと慌ただしかったり気持ちが緩んだりして、火の取り扱いに対する警戒心が薄れがちになります。かけがえのない生命と財産を守るために、火気の取扱には十分注意し、火災のない年末年始をお過ごしください。

冬に多い火災原因と防止方法

出火を防ぐために、特に次の火災原因にご注意ください。

原因1:こんろ

原因2:ストーブ

原因3:電気こたつ

原因4:かまど

住宅用火災警報器を必ず設置してください

住宅用火災警報器は、すべての住宅に設置が義務付けられています。あなたの命と地域を守ります。

  1. 全ての寝室に設置が必要です。
  2. 寝室が2階にある場合は、階段にも設置が必要です。

警報器を設置していない場合と比べると、死者数と焼損床面積は半減、損害額は約4割減少しています。住宅用火災警報器の設置が防火対策に欠かせません。あなたの設置が地域の安全に繋がります。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「新着情報」へ