メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「行政評価推進研修」を開催します

11月13日(月曜日)、金井コミュニティセンターにて

2006年9月27日、掲載

行政改革課行政評価係(0259-63-5136)


演題
「行政評価による自治体改革の道筋」
テーマ
「予算編成、総合計画策定、組織改革の刷新」
講師
関西学院大学専門職大学院、経営戦略研究科教授、稲沢克祐(いなざわ・かつひろ)氏(プロフィール
日時
11月13日(月曜日)、午後1時30分から午後3時30分まで
会場
金井コミュニティセンター(市役所本庁舎となり)1階大ホール
お問合せ先
行政改革課行政評価係(63-5136)

「行政評価」とは

行政評価とは、市民の視点に立ち、行政サービスを見直して改善していく仕組みです。職員の能力等についての人事的な評価と誤解されることがありますが、「人」ではなく「仕事・事業」を評価し、改善していくものです。

「同じサービスならより安いコストで。同じコストならより良いサービスを」という言葉がありますが、サービスを受けるためには必ずコスト(お金)が必要になります。そして、コストには、直接的なコスト(用紙代や印刷代など)と間接的なコスト(職員の給料など)があります。これらのすべてをサービスにかかわるコストとして認識する必要があります。

佐渡市では今年度からこの行政評価の仕組みづくりを検討し、市民の皆様により品質の高いサービスを提供できるように努力しています。この仕組みを着実に進めていくために、職員向けの「行政評価推進研修」を行なっています。今回の講演もこの研修の一環です。

なお、この研修会は、市民の皆様にも公開します。

講師プロフィール

稲沢克祐氏関西学院大学専門職大学院
経営戦略研究科教授
稲沢克祐(いなざわ・かつひろ)氏

経歴

1982年
東北大学卒業
1984年
東北大学大学院教育学研究科中退
2005年4月〜
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科、助教授
2006年4月〜
現職
2006年4月〜
監査法人トーマツ大阪事務所、学術顧問

専門分野

比較地方財政論、英国地方行財政論、公会計論

主な社会活動

2006年10月〜
内閣府官民競争入札等監理委員会地方公共サービス部会専門委員
2006年8月〜
外務省政策評価アドバイザリー委員
2006年6月〜
名古屋市行政評価委員会委員長
2006年6月〜
芦屋市行政評価委員会委員長
2005年10月〜
群馬県参与(研修担当)
2004年6月〜
茅野市行政アドバイザー(行政経営分野)
2004年1月〜
四日市市指定管理者選定委員会委員長

主な著書

2006年6月
「自治体の市場化テスト」単著(学陽書房)
2006年1月
「英国地方政府会計改革論」単著(ぎょうせい)
2005年5月
「公会計」単著(同文館出版)
2005年2月
「自治体デモクラシー改革」共著(ぎょうせい)
2004年6月
「地域リーダーシップの強化と公共サービスの高品質化」翻訳
2004年2月
「自治体政策のイノベーション」共著(ぎょうせい)
2003年3月
「ローカル・マニフェスト」共著(イマジン出版)
2002年11月
「イギリスの政治行政システム」共著(ぎょうせい)
2002年6月
「新版 地方財政論」共著(税務経理協会)
2001年11月
「自治・分権と市町村合併」共著(イマジン出版)
2001年4月
「行政経営の基礎知識50」共著(東京法令出版)
2000年11月
「財政基盤の確立と会計制度」共著(東京法令出版)

このページの先頭へ

「2006年7〜9月の新着情報」へ