メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

CNSテレビは、平成27年3月末までアナログテレビで視聴できます

総務省の要請によりデジアナ変換事業を実施

2010年12月2日、掲載

地域振興課 情報センター室(0259-51-2030)

テレビ放送のデジタル化移行をサポートするため、総務省の要請により、CNSテレビ(コミュニティネットワーク佐渡)でデジアナ変換事業を実施します。(平成27年3月末まで)

デジアナ変換とは、地上波のデジタル放送をアナログ放送に変換して送信するものです。このため、地上波アナログ放送終了後も従来のアナログテレビでも引き続き地上波放送をご覧になれます。

ただし平成27年4月以降はデジタル放送のみとなりますので、それまでにデジタルテレビへの買い替えやデジタルチューナーの設置などをお願いします。

一部、視聴に制限があります

  1. デジアナ変換で視聴できる番組は、民放4局(UX、TeNY、NST、BSN)と、NHK総合・NHK教育の再送信番組です。BS放送や放送大学、文字放送は視聴できません。
  2. データ放送や電子番組表などは利用できません。
  3. 映像はSD画質(ハイビジョン非対応)、画像はレターボックス形式です。
  4. オーディオはステレオ対応(5.1ch非対応)、2か国語対応(音声2ES非対応)
  5. コピーワンス(ダビング10非対応)
  6. 羽茂・小木・赤泊地区の方は、アナログのチャンネルが変更になります。具体的な変更点については、今後、チラシやCNSテレビでお知らせします。

手続きなどは不要です

CNS加入者の方は、手続きも工事も不要です。使用料も変更ありません。

サービス期間

準備が整いしだい、サービスを開始します。(平成23年3月予定)

暫定的導入ですので、サービス期間は平成27年3月末までとなります。


関連ページ

このページの先頭へ

「2010年10〜12月の新着情報」へ