メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

佐渡市内の郵便局と包括連携協定を締結しました

2013年9月11日、掲載

総合政策課 政策推進係(0259-63-3802)

このほど佐渡市と佐渡市内郵便局は、市民サービスの向上や地域社会の活性化をめざして、包括的な連携協定を締結しました。(9月5日、市役所本庁舎で締結)

現在、佐渡島内には33の郵便局と17の簡易郵便局があります。これまでも災害協定や住民票発行等の特定事務に関する協定(一部の郵便局)などで連携してきました。今後は、個別の連携から組織的な連携へと発展させ、よりいっそう幅広い分野での協力をめざします。

連携・協力事項

  1. 安全・安心な地域生活の形成、災害対策に関すること

    大規模災害発生時における支援物資などの場所(局舎)の提供、自然災害発生につながる前兆現象や危険箇所の情報提供など

  2. 子ども・青少年の健全育成、高齢者・障がい者支援に関すること

    こども110番の家の推進、高齢者等の見守りに関するネットワークへの参加協力など

  3. 観光・文化の振興、産業の振興に関すること

    他支社管内で佐渡の特産品を販売する「物産展」の実施、佐渡を題材とした「オリジナルフレーム切手」の作製・販売など

  4. 自然・環境の保全に関すること

    不法投棄情報の提供、市が行うボランティア清掃等に積極的に参加など

  5. その他、市民サービスの向上、地域社会の活性化に関すること

    市が実施する地域行事等に積極的に参加など

注釈

包括連携協定を結ぶ佐渡地区連絡会統括局長の小池和木郵便局長(右)、平田両津郵便局長(左)と甲斐市長(中央)

このページの先頭へ

「2013年7〜9月の新着情報」へ