メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

EXADON太鼓教室の第1回目・2回目の様子をご紹介します

2015年7月16日、掲載

高齢福祉課 介護保険係(0259-63-3790)

佐渡市では新しい取り組みとして、認知症・介護予防のためのEXADON太鼓教室を開催しています。今年度は14名の方が参加し、「楽しく」「かっこよく」を合言葉に、「10歳 若返り」の挑戦が始まりました。その第1回目と2回目の様子をご紹介します。

注釈
EXADON(エクサドン)
「エクササイズ」「佐渡」「ドン(太鼓の音)」をあわせた造語で、太鼓と芸能による健康増進・介護予防フィットネス・プログラムの総称です。

1回目:7月11日(土曜日)

いきなりの暑さも加わり、会場の佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)は汗だくの活動が始まりました。

久しぶりに行った体力測定では「なるべくいい成績がほしい!」と、ついむきになってしまった参加者も。測定の結果「まだまだいける!」「こんなはずでは?」など、それぞれが自分の身体や脳の現実と向き合いました。

最終回の12月までには「絶対かっこよく若返るぞ!」と決意した皆さん。その最終回には「10歳 若返りの証」として厳しい体力測定や脳トレゲームが待ち構えている、と聞いて、いっそうのチャレンジ精神をみなぎらせていました。

2回目:7月12日(日曜日)

昨日にも増して、夏本番を感じる暑い日となりました。

今日から本格的に太鼓とのふれあいが始まりました。皆さん初めてという割にはすぐにノリノリで叩き始め、スタッフ一同びっくり。昨日「腰がどうも…」とか「足が…」と言っていたのは、一体どこにいったの?

頭と体をフル回転させて、楽しさはじけた二日目でした。

このページの先頭へ

「2015年7〜9月の新着情報」へ