メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

相川学校給食センターが、「全国学校給食甲子園」の新潟県代表として表彰されました

2015年10月23日、掲載

教育委員会 学校教育課 学校給食係(0259-23-4898)

全国の学校給食で親しまれている郷土を代表する料理を競う第10回 全国学校給食甲子園の2次予選で、東日本の26施設に相川学校給食センターが選ばれ、新潟県代表として表彰されました。

注釈

全国学校給食甲子園とは、地元食材や郷土食を通じて食育と地産地消をすすめるために実施されている大会で、今年度は全国2,054施設が応募しています。(特定非営利活動法人 21世紀構想研究会、主催)

新潟県代表に選ばれたメニュー

新潟県代表に選ばれたメニュー

新潟県代表に選ばれたメニューは、15品目の佐渡産食材を使った給食です。

  • ごはん
  • 牛乳
  • いかの香味揚げ
  • 揚げ大豆とアスパラガスのサラダ
  • ながも入り飛び魚のすりみ汁
  • 佐渡産いちご

「揚げ大豆とアスパラガスのサラダ」は、旬の地場産物を使った佐渡市統一メニューとして、5月に市内すべての学校給食で提供しました。

地産地消を通じて佐渡を理解し、愛する気持ちを育むよう、今後も学校給食で地場産物を積極的に取り入れていきます。


関連ページ

このページの先頭へ

「2015年10〜12月の新着情報」へ