メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

ケネディ駐日米国大使が佐渡を訪問されました

2016年7月3日、掲載

総合政策課 広報広聴係(0259-63-3802)

6月27日(月曜日)、アメリカ合衆国のキャロライン・ケネディ駐日大使が佐渡市を訪問されました。

大使は、トキの森公園内の「トキふれあいプラザ」を見学され、トキの生態について説明を受けられました。その後、三浦市長が、「生きものを育む農法」で栽培された「朱鷺と暮らす郷認証米 佐渡産コシヒカリ」などを大使へプレゼント。さらに大使は、トキの森公園近くの「生きものを育む農法」を実践する水田で、「江(え=水路)」の生きもの調査に裸足で挑戦されました。

ケネディ大使は、「佐渡は、生物多様性の大切さを次世代へ教えるうえで、たいへんよい場所」と感想を述べられました。

ケネディ駐日米国大使へ三浦 佐渡市長から佐渡産コシヒカリを贈呈

三浦市長から佐渡産コシヒカリを贈呈

生きもの調査に参加するケネディ駐日米国大使

生きもの調査に参加

このページの先頭へ

「2016年7〜9月の新着情報」へ