メニューをスキップしてタイトルへ



高齢者世帯などの方へ:火災警報器の設置費用を助成します

申請期限は2019年9月30日2020年3月31日

2019年5月10日、掲載
2019年9月2日、更新(具体的な更新内容)

市民福祉部 高齢福祉課 高齢福祉係(0259-63-3790)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2019年9月2日、申請期限を2020年3月31日まで延長しました。

75歳以上の高齢者のみの世帯などへ、火災警報器を設置した費用の一部を助成します。

概要

対象世帯

市民税非課税世帯で、次のいずれかに該当する世帯

  1. 75歳以上の高齢者のみ世帯(2020年3月31日までに75歳になる方を含む)
  2. 障がい者を含む世帯(身体障害者手帳1〜3級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方)

対象機器

2019年1月1日以降に購入したもので、次のいずれかのマークが付いている警報器

国家検定合格品のマーク

国家検定合格品のマーク

2019年3月末までに購入した警報器のマーク

2019年3月末までに購入した警報器のマーク

助成額

1個当たり3,000円(取付費込み)を上限に、1世帯当たり3個まで

申請方法

下記のものをお持ちのうえ、2019年9月30日(月曜日)までに、2020年3月31日(火曜日)までに、本庁舎 高齢福祉課 高齢福祉係または各支所・行政サービスセンター窓口で申請してください。

  1. 申請書類(住宅用火災警報器購入費助成事業補助金申請書兼請求書・誓約書)
  2. 印鑑
  3. 助成金の振込先が分かるもの(預金通帳等)
  4. 購入したことを証明する領収書
  5. 警報器に付いているマークが確認できるもの
注釈
  • 申請書のPDFとDOCXは同一の内容ですので、いずれか一方をご利用ください。

このページの先頭へ

「2019年4〜6月の新着情報」へ