メニューをスキップしてタイトルへ



「愛の血液助け合い運動」が展開されています

2019年7月1日、掲載

市民生活課 健康推進室 健康増進係(0259-63-3115)

すべての血液製剤を献血によって確保する体制を確立するため、7月1日から7月31日まで、全国一斉に「愛の血液助け合い運動」が展開されています。

少子化や20代、30代の献血離れが進んでいますが、将来にわたって、いつでも安心で安全な輸血用血液を確実にお届けするためには、若年層の皆さんの献血への協力が大切です。

「愛の血液助け合い運動」を一つの契機として、献血にご理解・ご協力をお願いします。

県内では、献血バスが各市町村を巡回しているほか、2か所の献血ルームで毎日受付を行っています。

献血ルームでは、血小板や血漿といった特定の成分だけを採血する成分献血も行っています。全血献血に比べて体への負担が軽く済むとともに、多くの血小板や血漿を献血していただくことができます。

献血は命を救う身近なボランティアです。ぜひ、皆様のご協力をお願いします。

このページの先頭へ

「2019年7〜9月の新着情報」へ