メニューをスキップしてタイトルへ



水たまりをなくして蚊の発生を予防しましょう

2019年7月30日、掲載

環境対策課 環境対策係(0259-63-3113)

蚊は、さまざまな感染症を媒介する害虫です。蚊を発生させないように心がけましょう。

蚊を防ぐためには、幼虫(ボウフラ)の発生を抑えることが最も効果的です。殺虫剤で成虫を駆除するとともに、発生源である「水たまり」をなくす対策(発生源対策)が防除の基本です。

蚊は流れのない水たまりに産卵します。屋外に放置されたバケツ、古タイヤ、空き缶、植木鉢の受け皿、排水溝など、不要な水たまりを小まめに除去してください。

参考リンク

このページの先頭へ

「2019年7〜9月の新着情報」へ