メニューをスキップしてタイトルへ



「域学連携地域づくり応援事業」の募集結果をお知らせします

2019年5月〜7月 募集分

2019年8月19日、掲載

地域振興課 地域振興係(0259-63-4152)

「域学連携地域づくり応援事業」は、地域と大学等との連携・交流を推進し、学生の若い力や知識を活かした個性豊かで持続的な地域づくりを応援することによって、地域課題の解決や地域の賑わいを創出するものです。

2019年5月17日〜7月26日に対象となる活動を募集した結果、18件の応募があり、この18件に対する域学連携応援費の支給を決定しましたので、お知らせします。

1 ゼミ調査合宿・祭礼への参加

グループ名等
獨協大学 外国語学部 交流文化学科 鈴木ゼミ
参加予定大学
獨協大学
連携する地域
達者集落、金泉地区
滞在予定期間
9月4日(水曜日)〜9月9日(月曜日)
参加予定人数
20人
支給決定額
20万円
活動の目的
達者集落及び佐渡と観光の関わり、観光が地域にもたらすインパクトについて、フィールド調査をもとに、生活者の視点から明らかにすること。

2 佐渡島の水辺の価値向上のための実践的活動

グループ名等
日本大学 理工学部 海洋建築工学科 親水工学研究室
参加予定大学
日本大学
連携する地域
相川地区
滞在予定期間
7月9日(火曜日)〜7月15日(月曜日)
参加予定人数
8人
支給決定額
20万円
活動の目的
佐渡市沿岸部の水辺環境の改善に向けた実践的活動及び具体的提案を通して、佐渡特有の水辺環境資源の価値抽出や、そこに関わる地域組織との連携を図ることで、水辺を拠点とした地域連携による地域づくりの在り方を検証する。

3 伝統芸能体験活動

グループ名等
相模女子大学 令和元年度 伝統芸能体験活動
参加予定大学
相模女子大学
連携する地域
高千地区
滞在予定期間
8月10日(土曜日)〜8月14日(水曜日)
参加予定人数
10人
支給決定額
20万円
活動の目的
高千地区及び外海府地区の各集落にて伝統芸能を学び、8月13日開催の「夏の祭典 高千芸能祭」にて各集落の伝統芸能を披露する。

4 能合宿

グループ名等
相模女子大学 令和元年度 能合宿
参加予定大学
相模女子大学
連携する地域
羽茂地区
滞在予定期間
9月4日(水曜日)〜9月8日(日曜日)
参加予定人数
6人
支給決定額
20万円
活動の目的
小泊白山神社の能舞台を使用し、羽茂昭諷会より能楽の指導を受け、9月7日の草刈神社で開催される「乙祭」にて仕舞を披露する。

5 佐渡実習

グループ名等
佐渡実習 河崎小学校班・両津吉井小学校班
参加予定大学
新潟大学
連携する地域
河崎小学校、城腰・下久知・野崎地区、 両津吉井小学校、周辺鬼太鼓関連地区
滞在予定期間
9月11日(水曜日)〜9月15日(日曜日)
参加予定人数
18人
支給決定額
20万円
活動の目的
遠足の引率補助、5〜6年生の授業のファシリテーターに取り組み、小学校と地区の活動を通して、将来教員になった際の地区との関わり方を学ぶ

6 豊岡の祭り

グループ名等
新潟大学 教育学部 森下ゼミ
参加予定大学
新潟大学
連携する地域
豊岡集落
滞在予定期間
8月10日(土曜日)〜8月12日(月曜日)
参加予定人数
20人
支給決定額
20万円
活動の目的
夏祭りでの子ども鬼太鼓の指導及び住民との交流、来春の例大祭の打合せ

7 ご縁で里山の保全・活用と文化・芸能の再生

グループ名等
江戸川大学 社会学部 現代社会学科 清野ゼミ
参加予定大学
江戸川大学
連携する地域
宿根木集落
滞在予定期間
8月15日(木曜日)〜8月19日(月曜日)
参加予定人数
20人
支給決定額
20万円
活動の目的
集落の課題である里山の荒廃と文化・芸能の衰退に対して、地域外の人材が里山を保全し活用する仕組みを構築することを目的とする。住民が大学生と一緒に活動に取り組み、地域の課題解決力の維持向上を目指す。

8 祭をつなぐ 祭でつなぐ:芸能(鬼太鼓)の継承と展開

グループ名等
上越教育大学 地域貢献プロジェクト
参加予定大学
上越教育大学
連携する地域
黒根集落
滞在予定期間
10月11日(金曜日)〜10月14日(月曜日)
参加予定人数
7人
支給決定額
10万円
活動の目的
人口減少や集落の規模縮小により、祭礼の存続が危ぶまれている状況を踏まえ、芸能の担い手として祭礼に参加することで、伝統文化の衰微に歯止めをかける。

9 能楽の新たな可能性:地域の文化資源を活用した学生合宿研修活動の企画と推進

グループ名等
上越教育大学 音楽コース 玉村研究室
参加予定大学
上越教育大学
連携する地域
椿尾集落
滞在予定期間
8月2日(金曜日)〜8月4日(日曜日)
参加予定人数
13人
支給決定額
20万円
活動の目的
地域の大きな資源である能舞台を有効活用することで、芸能を通した人の輪を広げ、新しい地域活性化の形を提案する。

10 農・能イベント持続的発展のための協働と情報拡散

グループ名等
T&Fラボ
参加予定大学
新潟国際情報大学
連携する地域
羽茂小泊集落
滞在予定期間
9月28日(土曜日)〜9月30日(月曜日)
参加予定人数
10人
支給決定額
10万円
活動の目的
農業に関わる年間行事について、集落内外からの参加状況を調査し、交流の実態を把握する。9月に小泊白山神社にて開催される奉納能にホログラムの投影イベントを開催し、SNSで情報拡散させる。

11 住民と作りあげる地域アート:民俗写真を起点とした「てずから」の世界観の表現と展示

グループ名等
生活文化研究フォーラム佐渡
参加予定大学
立教大学、東海大学、東京学芸大学、慶應大学
連携する地域
宿根木、小木
滞在予定期間
8月8日(木曜日)〜8月26日(月曜日)
参加予定人数
8人
支給決定額
20万円
活動の目的
宿根木をはじめとする集落の住民と協働することで、佐渡における「てずから」の世界観を写真やオブジェクト、映像などのアート作品で表現し、称光寺での展示を通じて、島内外の人々に佐渡の文化的豊穣を伝える。

12 佐渡木匠塾(稲鯨集落)

グループ名等
芝浦工業大学 蟹澤研究室 保坂グループ
参加予定大学
芝浦工業大学
連携する地域
稲鯨集落
滞在予定期間
8月1日(木曜日)〜8月17日(土曜日)
参加予定人数
29人
支給決定額
10万円
活動の目的
稲鯨分踊りにおいて木工教室を開催し、子ども達へ物づくりの楽しさを知ってもらい、地域との交流を深める。

13 佐渡木匠塾(相川地区)

グループ名等
芝浦工業大学 蟹澤研究室 鎌田グループ
参加予定大学
芝浦工業大学
連携する地域
相川地区
滞在予定期間
8月1日(木曜日)〜8月17日(土曜日)
参加予定人数
8人
支給決定額
10万円
活動の目的
佐渡の景観保全のため、建築物の保全・改修を行い、世界遺産登録を推進する。

14 アート活動から生み出す新たな社会教育:日常性と他者性を中心に

グループ名等
EDU-ISLAND総合教育開発フォーラム佐渡
参加予定大学
東京学芸大学、東海大学、愛知県立芸術大学、武蔵大学
連携する地域
両津地区、七浦地区
滞在予定期間
8月8日(木曜日)〜8月26日(月曜日)
参加予定人数
8人
支給決定額
20万円
活動の目的
既存の観光研究におけるホストとゲストの関係性を問い直し、交流人口の質的向上を模索するためのプラットフォームづくりを行う。

15 潟上地区に活力を与えるエコツーリズムの提案

グループ名等
東洋大学 経済学部 国際経済学科 藤井信幸・カク仁平ゼミ
参加予定大学
東洋大学
連携する地域
新穂潟上地区
滞在予定期間
8月26日(月曜日)〜8月29日(木曜日)
参加予定人数
11人
支給決定額
10万円
活動の目的
ボランティア活動、地元住民との交流を含むエコツアーの実現の可能性を追求するための試験的ツアーの実施

16 佐渡島での稽古及び演能合宿

グループ名等
一橋観世会
参加予定大学
一橋大学、日本女子大学、
連携する地域
潟端地区
滞在予定期間
8月14日(水曜日)〜8月21日(水曜日)
参加予定人数
12人
支給決定額
10万円
活動の目的
佐渡の清廉な空気の中で稽古に集中し、師匠と部員との交流を図り、ふれあい薪能を開催し、地域住民の方に能を披露する。

17 子どもの元気は地域の元気プロジェクト

グループ名等
専修大学 商学部 石川ゼミ
参加予定大学
専修大学
連携する地域
松ヶ崎・岩首地区
滞在予定期間
8月27日(火曜日)〜8月31日(土曜日)
参加予定人数
5人
支給決定額
10万円
活動の目的
人口減少や高齢化が進む地区において、子どもを持つ世代の移住を促進することにより、地域活性化を図る。

18 鷲崎地域関係人口増加プロジェクト

グループ名等
法政大学 法学部 国際政治学科 浅見ゼミ
参加予定大学
法政大学
連携する地域
鷲崎集落
滞在予定期間
10月4日(金曜日)〜10月8日(火曜日)
参加予定人数
14人
支給決定額
10万円
活動の目的
集落の祭りのお手伝いや、佐渡海府寒ブリ祭りの準備作業に協力することで、集落の活性化を図る。

関連ページ

このページの先頭へ

「2019年7〜9月の新着情報」へ