メニューをスキップしてタイトルへ



企画展「佐渡博物館 新規収蔵資料展(平成29年度〜令和元年度 寄贈・収集資料)」を開催します

2020年1月4日〜3月15日〜3月27日

2020年1月10日、掲載
2020年3月17日、更新(具体的な更新内容)

教育委員会 社会教育課 佐渡学センター 文化学芸係(0259-52-2447)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2020年3月17日、会期を「3月15日まで」から「3月27日まで」へ延長しました。(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3月15日まで臨時休館していましたが、3月16日から個人での入館に限りご覧になれます)

平成29年度〜令和元年度に寄贈・収集された資料の一部を公開する企画展「佐渡博物館 新規収蔵資料展」を開催します。

初代宮田藍堂作の火鉢(鋳金)や、版画家・高橋信一作の油絵など、初公開となる資料も多数展示します。

この貴重な機会をお見逃しなく、お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

日時
2020年1月4日(土曜日)〜3月15日(日曜日)3月27日(金曜日)、午前8時30分〜午後5時
会場
佐渡博物館
入館料
大人500円、小・中学生200円(15名以上の団体は2割引)
ご参考
宣伝チラシ「令和元年度 佐渡博物館 企画展『佐渡博物館 新規収蔵資料展』」(PNG・約2.1メガバイト)

このページの先頭へ

「2020年1〜3月の新着情報」へ