メニューをスキップしてタイトルへ



国民健康保険被保険者資格証明書が交付されている方の新型コロナウイルス感染症に係る帰国者・接触者外来の受診について

2020年3月13日、掲載

市民生活課 保険年金係(0259-63-5112)

発熱症状等新型コロナウイルス感染症の発症の疑いがある場合には、帰国者・接触者相談センターに相談のうえ、帰国者・接触者外来の受診を行うこととなります。

国民健康保険に加入されている方で、被保険者証(保険証)ではなく、国民健康保険被保険者資格証明書(資格証明書)を交付されている場合でも、帰国者・接触者外来を設置している医療機関や当該外来において交付された処方せんに基づき療養の給付を行う保険薬局を受診する際には、資格証明書を提示することで、保険証を提示した時と同様の窓口負担割合で受診することができます。

この取り扱いは、令和2年3月診療分から適用されますので、受診の際には、資格証明書を提示してください。

※その他の診療は、これまでどおり一部負担金は10割(全額自己負担)となりますが、急病などで医療機関等を受診する必要がある場合は、市民生活課保険年金係へお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症 帰国者・接触者相談センターの連絡先は
新型コロナウイルスに関するQ&A
をご覧ください。

このページの先頭へ

「2020年1〜3月の新着情報」へ