メニューをスキップしてタイトルへ



新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農業者の方へ:「高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)次期作支援交付金」の運用が見直されました

10月28日・30日、説明会を開催

2020年10月23日、掲載

農業政策課 生産振興係(0259-63-5117)

農林水産省が「高収益作物次期作支援交付金」の運用を見直したため(2020年10月12日付)、下記の日程で再度、説明会を開催します。また、申請書の作成を支援します。

支援対象は、高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)の生産者で、下記いずれかに該当する方とします。

運用変更にともなう説明会

注釈
  • ご予約は不要ですので、お住まいの地区にかかわらずご都合のよい会場へお越しください。
日時会場
10月28日(水曜日)、18時〜赤泊総合文化会館
10月30日(金曜日)、18時〜金井コミュニティセンター

申請書の作成支援

注釈
  • ご予約は不要ですので、お住まいの地区にかかわらずご都合のよい会場へお越しください。
期間
11月2日(月曜日)〜11月6日(金曜日)、9時〜17時
(11月3日を除く)
会場
  • 市役所 第2庁舎 農業政策課(電話:0259-63-5117)
  • 赤泊行政サービスセンター(電話:0259-87-3111)

運用見直しにともなう変更点

詳しくは下記のPDFファィルをご覧ください。

対象者

支援対象者に変更はありませんが、前年度から売上げが減少していることを追加書類で確認することになりました。(品目ごと)(減収率、面積等を記載した書類。減収を証明する書類の添付は不要)

対象品目

対象品目(果樹・野菜・花き・茶)に変更はありませんが、果樹・野菜については、実際に減収となった「品目」に限定することになりました。

「果樹、野菜」という分類ではなく、「柿、いちご、ねぎ」などに分類

交付金積算

変更前

果樹・野菜などで該当する取組に対して、実施面積(栽培指針などに応じた施肥面積、農薬の散布面積など)10アールあたり5.5万円を支援します。

変更後

下記のうち一番低い額を支援します。

  1. 2020年2月以降、新型コロナの影響を受けて売上が減収した品目(対前年の同月)の減少額
  2. 売上が減少した「ア」の品目で、今年の作付面積10アールあたり5.5万円の額(追加)
  3. 果樹・野菜などで該当する取組に対して、実施面積(栽培指針などに応じた施肥面積、農薬の散布面積など)10アールあたり5.5万円の額

関連ページ

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ