メニューをスキップしてタイトルへ



宿泊事業者の方へ:宿泊施設営業力強化支援事業補助金のご案内

2020年11月13日までに要事前相談

2020年10月26日、掲載
2020年12月1日、更新(具体的な更新内容)

観光振興課 交流イベント推進室(0259-67-7944)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2020年12月1日、申請期限を「11月30日まで」から「12月28日まで」へ延長しました。また、事前相談期限を「11月13日まで」から「12月25日まで」へ延長しました。

環境変化に対応して営業力を強化する宿泊業の取組に対し、必要な費用の一部を補助します。なお、本補助金の申請にあたっては、2020年11月13日(金曜日)までに12月25日(金曜日)の17時までに観光振興課へ事前相談をしてください。事前相談がない場合は、申請をお受けできません。

詳しくは募集要領を必ずご覧ください。

概要

対象事業の要件

旅館業の営業力強化につながる事業で、次のすべてに該当するものとします。

  1. 新規顧客開拓とリピーター確保にあたり、自社の現状・課題・目標などが明確になっており、その目的を達成するための取組であること。
  2. 新規顧客とリピーターの予約成約率を上げるための取組であること。
  3. 次年度のKPIなどを設定し、佐渡市および一般社団法人佐渡観光交流機構と営業力強化などの方向性を共有すること。
注釈
「2」の具体例
ウェブサイトの作成・改修費、旅行会社などの商品造成に関する営業旅費、OTA連携に関するインターネット環境整備費、宿泊施設利用促進事業のアンケート調査結果をふまえた業務改善など。

対象事業者・施設の要件

事業の実施主体は、「旅館業法(昭和23年法律第138号)」第3条第1項に規定する許可を受け、市内で旅館業を営んでいる方に限ります。ただし、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)」第2条第6項に規定する「店舗型性風俗特殊営業に供する施設」は対象施設としません。

補助金額

補助率
対象経費の2分の1以内
上限額
20万円以内

補助対象経費

報償費
研修会などの講師に対する謝礼金
旅費
島外セールスなどの交通費・宿泊費(食糧費は対象外)
需用費(消耗品費)
事務用品、図書購入費、看板・横断幕などの作成経費など(単体で取得価格が税込3万円未満のものに限ります)
需用費(印刷製本費)
パンフレット・ポスターなどの印刷製本費
需用費(修繕料)
事業実施のために必要となる改修工事費など(内装・設備・施設工事費は必要最小限度としてください)
役務費
通信運搬費、広告料、手数料、翻訳料、保険料など
委託料
ホームページ作成・改修委託、PR動画など作成委託、Wi-Fi環境整備委託、行事運営委託、予約販売管理システム新規導入委託、旅館・ホテル管理システム新規導入など
使用料・賃借料
会場使用料、機器・物品の借上料、車両借上料など、事業実施のために必要な使用料・賃借料
備品購入費
事業実施に必要不可欠と認められるもの
注釈
備品
その性質または形状を変えずに比較的長期の使用に耐えるもの。取得単価が30,000円未満(図書10,000円未満)のものを除く。

補助対象とならない経費

申請方法

2020年11月30日(月曜日)の17時までに2020年12月28日(月曜日)の17時までに必要書類を持参または郵送で提出してください。(郵送の場合も必着)

注釈
  • PDFとDOCXの内容は同一ですので、いずれか一方をご利用ください。
必要書類
提出先
問合先
観光振興課 交流イベント推進室(あいぽーと佐渡 2階)
電話:0259-67-7944

選定方法

次の項目について、具体性・的確性・新規性などの観点から評価し、事業の実施効果が高いと見込める40件程度の事業を選定します。(必要に応じてヒアリングや現地調査を実施する場合があります)

  1. 課題設定の妥当性
  2. 取組の内容・妥当性・持続性
  3. 事業効果

選定結果は随時、申請者へ送付します。

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ