メニューをスキップしてタイトルへ



大正大学の学生がオンラインマルシェ「ウェブde応援 with C」で佐渡の特産品を販売しています

2020年10月27日、掲載

企画課 政策推進係(0259-63-3802)

佐渡市と昨年「包括的連携協力に関する協定」を締結した大正大学(東京都豊島区)が、クラウドファンディングサイト上で、佐渡の特産品を使った応援プロジェクトを行っています。

学生からのメッセージ

こんにちは。大正大学地域創生学部 佐渡班2年生です。

私たち大正大学地域創生学部は毎年、佐渡市で1か月以上の実習を行っています。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により現地での実習を行うことができませんでした。

そこで、今年は場所をオンライン上に移すことで、実習を行うことになりました。全国の人を対象に佐渡の海産物と観光情報などを一緒に届けることで、佐渡に足を運んでもらうきっかけづくりをしたいと考えています。今回の実習はもちろんですが昨年までの実習では多くの方に支えられて様々な学習をすることができました。

今回の実習活動を通して佐渡市に感謝と恩返しをしたいと考えています。よろしくお願いします。

大正大学「地域創生学部」

プロジェクトの詳細

下記リンク先をご覧ください。


関連ページ

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ