メニューをスキップしてタイトルへ



おわりに

[平成28年度:2016年度]施政方針(7ページ中:7ページ目)

2016年4月12日、掲載

総合政策課 政策推進係(0259-63-3802)

平成28年度の市政運営に臨む私の基本姿勢と所信の一端を申し上げました。

本年は、佐渡金銀山が世界文化遺産にふさわしい遺産であることを皆さんに再認識していただき、市民の皆様や県民会議・首都圏の会等、多くの方々からの応援を受けながら、国内推薦決定に向けて命がけで行動しなければなりません。

世界文化遺産の登録は、市内経済はもとより新潟県全体の経済活性化に大きく貢献することは間違いありません。市民一人ひとりがおもてなしの心を持って取り組み、あらゆる産業の活性化に結びつけていきます。

また、本年は全国離島振興協議会の総会や全国棚田サミットの開催により、多くの方々に佐渡を訪れていただきますので、これを好機と捉え、佐渡の魅力を広くPRしていきます。

佐渡の地方創生に向けて、創業支援ネットワークの構築、観光地域づくり、子育て環境の充実、そして佐渡の未来を担う人材の育成に取り組み、「日本一お客様に愛され、選んでもらえる島」を目指してまいりますので、議員の皆様並びに市民の皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げまして、平成28年度の施政方針といたします。

このページの先頭へ

「施政方針(平成28年度:2016年度)」の目次へ