メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

佐渡市市民環境大学の「連携講座」を募集しています

「広報」によって、相互に応援しあいましょう

2006年4月17日、発表

「佐渡市市民環境大学」事務局(市民環境部環境課環境企画係)(0259-63-3113)

連携講座の概要

市民環境大学では、大学の開設目的に賛同する方々の事業(講座やイベントなど)を「連携講座」として位置づけ、共同で広報しあうことにより、機運醸成や環境活動の輪を広げていきたいと考えています。該当する事業の主催団体の方は、ぜひ「連携講座」としてお申し込みください。

「連携講座」は随時受付けていますが、年度当初に各世帯へ配布する「市民環境大学受講生募集パンフレット」への掲載を希望される場合は、5月12日までにお申し込みください。

市民環境大学(佐渡市)と、「連携講座」の主催団体は、相互に「広報」で応援しあう関係となります

なお、「連携講座」の主催団体に対して、佐渡市が直接的な支援(補助金交付や会場確保等)をするものではありません。また、連携講座の趣旨、内容およびその効果に関して佐渡市が認証を与えるものでもありません。佐渡市と各主催団体は、相互に「広報」で応援しあう関係となります。

市民環境大学の目的などについては、附:市民環境大学と連携講座の考え方をご覧ください。

連携講座の要件

団体要件

市民団体・NPO、企業、大学、行政等。

事業の企画・運営を自主的、自律的に実施する能力、また、これに伴う責任能力がある団体に限ります。

事業要件

広く「環境」をテーマとした講座・イベント等。

見学会・学習会・観察会・シンポジウムなど、名称は問いません。ただし、以下の要件のすべてを満たすこととします。

  1. 市民環境大学開設の目的に賛同し、機運醸成に寄与するものであること。
  2. 特定の市民のみを対象としたものでなく、広く市民の参加が可能であること。
  3. 会場等が確保されており、開催期日・場所等の事業内容が固まっていること。(予定でもかまいません)
  4. 体験活動等をともなう場合は、傷害保険等に加入していること。
  5. 営利活動や特定の政治・宗教・思想の活動とみなされるものでないこと。

具体的には、下記のような事業を想定しています。

相互の取り組み

市民環境大学(佐渡市)が実施する事項

  1. ホームページ上に事業内容を掲載します。連携講座主催団体のホームページがある場合は、リンクをも張ります。
  2. 年度当初に「市民環境大学受講生募集パンフレット」を市内各戸へ配布します。
  3. 定期的に「連携講座のお知らせ」を市広報紙に掲載します。

連携講座の主催団体に実施していただく事項

  1. 配布資料・看板・ポスター・チラシなどにおいて、「佐渡市市民環境大学連携講座」と記載してください。
  2. 主催団体のホームページがある場合は、相互にリンクを張ってください。
  3. 連携講座の参加者数を、佐渡市に報告してください。報告書提出の必要はありません。お電話などで、参加者数のみを報告していただければけっこうです。

お申込み方法

佐渡市市民環境大学連携講座申込書にご記入いただき、必要書類を添付のうえ、下記までお申し込みください。FAX・郵送でもけっこうです(メールは不可)。お申し込みの約一週間後にご連絡をさしあげます。

お申し込みは随時受付けていますが、年度当初に各世帯へ配布する「市民環境大学受講生募集パンフレット」への掲載を希望される場合は、5月12日までにお願いします。なお要項は、佐渡市市民大学連携講座募集要項(PDFファイル・約189キロバイト)をダウンロードしてご覧ください。

お申込み・お問合せ先

「佐渡市市民環境大学」事務局(市民環境部環境課環境企画係)
電話:0259-63-3113
FAX:0259-63-3300
または、最寄りの各支所の市民課市民生活係まで、お願いいたします。

附:市民環境大学と連携講座の考え方

市民環境大学および連携講座について、その目的や位置づけをご説明します。

市民環境大学開設の目的

私たちは、環境から多くのものを得ながら生きています。環境という私たちが共有する財産は、誰のものでもないだけに、誰かが守り、良くしてくれるものではありません。社会を構成する個人、家庭、民間団体、事業者、行政等といったあらゆる主体が、自らの問題としてとらえ、環境問題に取組む必要があります。

佐渡市市民環境大学は、一人ひとりが環境についての理解を深め、取組みを進めることができるよう、また、環境に関する活動の輪が広がることを期待して開設する学びの場になります。身近なテーマを専門的に学び、幅広く交流しながら、「人とトキが共に生きる環境の島・エコアイランド」に向けて、大きな活動のうねりをつくっていくことを目指しています。

連携講座の位置づけ

連携講座は、「人とトキが共に生きる環境の島・エコアイランド」を目指すための「協働の糸口」を共に見出すため、市民団体・NPO、企業、大学等が立場や分野を超えて、「知識・経験・問題意識」を持ち寄って学びあい、「大きな展望」を共有し合うために開設するものです。

連携講座は、市民団体・NPO、企業、大学等が実施する事業・イベント・講座等になります。取り扱う範囲も、狭い意味の「環境」に限ることなく、暮らしやまちづくり、地域活動など幅広い分野にわたります。

市民環境大学では、市民環境大学開設の目的に賛同する方々が実施する事業を連携講座として位置づけ、共同で広報しあうことにより、機運醸成や環境活動の輪を広げていきたいと考えています。

佐渡市市民環境大学の概要

昨年度の活動については、平成17年度佐渡市市民環境大学(PDFファイル・約286キロバイト)をダウンロードしてご覧ください。

平成18年度の佐渡市市民環境大学では昨年度に続き、基礎講座を開設するとともに、より深く特定の環境分野についての専門的知識の習得をめざし、専門講座を新設します。また連携講座を拡充します。

このページの先頭へ

「2006年4〜6月の新着情報」へ