メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

転出しても「住民基本台帳カード」を継続して利用できるようになります

平成24年7月9日から

2012年6月21日、掲載
2012年6月26日、更新(具体的な更新内容)

市民生活課 戸籍係(0259-63-5112)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2012年6月26日、「転出届を出される際の注意点」「転入届を出される際の注意点」「その他の注意点」を掲載しました。

これまで、住基カード(住民基本台帳カード)」をお持ちの方が、交付地から転出した場合、転出先ではお持ちの住基カードを使用できませんでした。

しかし、法改正により、平成24年7月9日以降は、一定の条件を満たすことで、交付地以外の市区町村(国内)へ転出しても、継続して住基カードを利用できるようになります。(有効な住基カードに限ります)

なお、これまでと同様に、転出届や転入届の提出は必要です。

転出届を出される際の注意点

住基カード継続利用の意思表示

転出届の提出期間

転入地への住基カードの持参

転入届を出される際の注意点

継続利用を希望する方全員の住基カードの持参

転入届の提出期間

その他の注意点

転出関係

転入関係

その他

詳しくは、窓口までお問い合わせください。

このページの先頭へ

「2012年4〜6月の新着情報」へ