メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

地域意見交換会の記録

平成23年7月28日、南部地区で開催

2011年11月17日、掲載

農林水産課 農業政策室 生物共生推進係(0259-63-5117)

日時
平成23年7月26日(木曜日)19時〜21時
会場
羽茂地区公民館 大会議室・会議室
市出席者
  • 農林水産課生物多様性推進室:山本室長
  • 生物共生推進係:本田係長、西牧主任、池田主任
参加者
一般42名、報道関係者1名、市職員6名(うち羽茂支所2名)

佐渡市からジアスの概要について説明し、その後、意見交換を行いました。

説明を聞いての意見等

住民

トキの生息地を小佐渡東部としているが、佐渡全島で考えなくてはいけないのではないか。

住民

ジアスや生物多様性を佐渡市は進めているが、われわれ農家は新しいことを何かしなくてはいけないのか。今やっていることを守っていけばいいのか。

認定されたからといって特に何かしなくてはいけないということはないが、唯一、生物多様性を著しく減少させないということを守っていく必要がある。

住民

今日の生きもの調査の講習会でアカトンボの話が出た。箱処理剤が悪いといわれているがどうなのか。

ネオニコ剤などがどのような影響を与えているかはいろいろな機関で研究中である。

また、10月ころのアカトンボが産卵したときの殻の調査で、その数が少ないということが言われている。調査研究は始まったばかりで、市へ問い合わせてもらえれば、わかる範囲で情報提供したいと考えている。

桑原氏

佐渡市の寄付講座を担当している。生物多様性保全、佐渡市の農業、地域社会をどう結びつけるかを研究する。認証米の効果を検証し現状を把握する。今の認証制度でよいのかどうか、基礎として新しい制度が創設できるかを農家、JA、市と検討していきたい。そのことがジアスにつながっていくと考えている。ぜひ、研究にご協力いただきたい。

アクションプラン概要の中から寄附講座についてと、おけさ柿を中心としたブランド化推進、景観保全との関連を説明する。

住民

新潟大学の生物量調査により、生物の情報はあるが、農業技術をどうするかについて、あまり情報がない。農学部の人は寄附講座に入っていないようだが、ぜひ、技術的な情報も充実させてもらいたい。

住民

以前、自分の圃場に大学から調査に来たことがあるが、その調査結果を教えてもらえなかった。協力といくらいっても、結果を教えてくれないのでは、協力する気になれない。住民に情報をくれないような調査なら、協力を求めないほうが良い。

住民

ジアス認定で、先ほどから、農業者が何かしなくていけないのかという話しが出ているが、この際、農林水産物に付加価値を付けて、高く売るといったことを考えたほうがいいと思います。

中干しについて、平野部では6月15日ころ、山間部では6月の20日から25日くらいの間に始めなさいという案内がくるが、あと5日くらい遅くすると、モリアオガエルの孵化が進みます。アカトンボも若干増えます。農薬を減らすことも大事だけど、時期も考えてもらいたい。

認証米もあと2年でだめになると思う。タンパク含有量で切るか、1等米のみとするか、網目で切るか、なんとか考えてもらいたい。

販売力をつけていくことはぜひ取り組まなくてはいけないこと。協力しながら進めていきたい。

JA

中干しは、県全体として植え付けしてから1ヵ月後くらいにしましょうという指導がある。一応の基準はあるが、生物の多様性を考え、いろいろな取組をしていくことが必要。

認証基準は、今年からタンパク含有6.0パーセント以下という基準を示した。ステップアップを目指していきたい。

住民

米の検査基準が厳しくなっているようだ。前は1回予防で1等米をだしていたが、このごろは1回だけでは追いつかない。5割減減、トキ認証米ということなら基準を落として、その取り組みを増やせばいいのではないか。

JA

1等米や2等米ということでの検査基準であれば、そのまま。この地区だけ変更することは出来ない。

認証米の売り方については、今後どのようにするか検討が必要。

住民

ジアスのことは、もっと農家の理解を得ることが大事。小さな単位で説明会をやってほしい。南部でも小木、赤泊、羽茂といったようにすればもっと人は集まる。一部の人が聞いただけでは意味がない。

もう少し、細かな単位での意見交換会をやっていきたい。期間限定で、声かけをし様々な団体と意見交換をしたい。

住民

トキのおかげで佐渡が有名になり、ジアスにも認定されたが、増えすぎた場合に農作物に害を及ぼすようなことはあるか。

トキとの共生ルールはあるが、実際に害を及ぼすようになったときどうするのか関係機関と協議しながらすすめる。

住民

サギによる被害が多くなっている。

サギの生息数は把握していない。

意見交換会のようす 意見交換会のようす

このページの先頭へ

「ジアス(GIAHS:世界農業遺産)」のトップへ