メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

中山間の魅力を考えよう! 中山間地域活性化フォーラムを開催します

平成24年3月11日、トキ交流会館で(申込不要、入場無料)

2012年3月8日、掲載

農林水産課 農業政策室 生物共生推進係(0259-63-5117)

全国の中山間地域で見ることができる棚田と里山。それは、人と自然との調和によって形成された景観であり、日本の原風景でもあります。生態系保全の観点からも大きな意味を持つことから、各地で保全活動や地域おこしの取り組みが続けられています。

各地域の現状と課題から、中山間地域活性化への取り組みをご紹介し、農業を中心とした地域づくりについてのパネルディスカッションを行います。ぜひ、ご来場いただき、ジアスに認定された佐渡各地域での活動にお役立てください。

各地の棚田

概要

日時
平成24年3月11日(日曜日)午前9時〜11時45分
会場
トキ交流会館(新穂潟上1101-1)
入場料
無料
申込
不要
主催
佐渡市
後援
(社)佐渡生きもの語り研究所

内容

講演

報告

パネルディスカッション

テーマ
中山間地域における取組みについて
コーディネーター
原 耕造氏(NPO法人 生物多様性農業支援センター理事長)
パネラー
  • 中島 峰広氏(棚田学会会長)
  • 海老澤 衷氏(棚田学会副会長)
  • 門脇 洋子氏(十日町市地域おこし協力隊)
  • 長田 啓氏(環境省首席自然保護官)
  • 三国 豊氏(とき舞株式会社常務)

このページの先頭へ

「ジアス(GIAHS:世界農業遺産)」のトップへ